ホーム > 祭事のご案内 > 水無月【6月】

水無月【6月】

大祓式(おおはらえしき)

30日 午後2時

「夏越大祓(なごしのおおはらえ)」ともいわれる、半年の節目の日に罪けがれを祓い、残り半年に備える儀式。人形(ひとがた)の祓いに併せ、茅の輪神事も行われます。

大祓式

三嶋大社では、半年の節目である6月30日と、1年の最後12月31日の両日、大祓式(おおはらえしき)が執り行われます。
それぞれ、夏越大祓(なごしのおおはらえ)、師走大祓(しわすのおおはらえ)と呼ばれています。

この大祓とは、日常生活において知らず知らずのうちに犯している罪やけがれを、半年ごとに祓い清め、清らかな身に立ち返らんとする神事で、日本古来の伝統行事です。

これらの罪・けがれを託す人形(ひとがた)には、家族一人一人の名前、生年月日を書き、体をなで息を三度吹きかけます。この人形(ひとがた)がご家族の身代わりとなり、「大祓詞(おおはらえことば)」の奏上、「裂布(れっぷ)」「解縄(ときなわ)」の神事を通して祓い清められます。

大祓式

また、夏越大祓においては人形の神事に併せて茅の輪(ちのわ)神事も行われます。この神事では、末社祓所神社(はらえどじんじゃ)の氏子有志の奉仕により設けられた茅(かや)で作られた大きな輪を、和歌を唱えながら左・右・左とくぐります。
このとき唱えられる和歌は、茅の輪の由来から
「水無月(みなづき)の夏越の祓する人は、千歳の命延といふなり」
「蘇民将来(そみんしょうらい)、蘇民将来」
と唱われます。

大祓式終了後、夏越大祓神札をご参加の方にお送りいたしております。
大祓はどなたでも参加いただけます。ご希望の方には、案内書と人形をお送りいたします。下記連絡先までご一報下さい。

大祓式

連絡先

三嶋大社 祭儀課(さいぎか)
電話 : 055(975)0172 / 受付時間 : 午前9時~午後5時 ※休みはありません

ページの上へ