ホーム > 宝物館 > 三嶋大社収蔵宝物・文化財

三嶋大社収蔵宝物・文化財

宝物館では、三嶋大社所蔵の宝物・文化財と、宮司矢田部家に伝来した文化財を収蔵・展示しています。
それらは三嶋大社の歴史および信仰、神社の御祭儀や運営などに関わる大切な資料です。年に数回展示替えをしながら公開していますので、是非お立ち寄り下さい。以下、おもな所蔵・収蔵文化財、指定文化財を紹介します。

国指定文化財

国   宝 「梅蒔絵手箱」
重要文化財 「太刀 銘 宗忠」
重要文化財 「脇指 銘 相模国住秋義」
重要文化財 「紙本墨書般若心経源頼家筆 建仁三年八月十日」
重要文化財 「三嶋大社矢田部家文書」 592点
重要文化財 「三嶋大社本殿、幣殿並びに拝殿」 (建造物)
天然記念物 「三嶋大社の金木犀」

静岡県指定文化財

「三嶋本日本書紀」 (国指定 重要美術品)
「田祭・御田打ち神事」 (無形民俗文化財 神事)

三島市指定文化財

「舞殿」 (建造物)
「神門」 (建造物)
「三嶋大社の社叢」 (神社の森)
「三四呂人形」 2躯(はなこさん・春日団らん)

未指定の文化財から

「美術・工芸」 (古美術・神宝)
「刀剣類」
「古文書類」 三嶋大社所蔵古文書・矢田部家所蔵古文書(寄託管理)
「近代・現代美術」 澤田政廣(彫刻)・栗原忠二(洋画)・林功(日本画)・佐々木古櫻(日本画) など

※このほか種々の奉納品を収蔵する。

ページの上へ